シャールジャイスラム銀行、ProgressSoft と提携、小切手処理を更新

印刷

本日、シャールジャイスラム銀行 (SIB) は、銀行とその顧客のための電子小切手処理で、最先端のテクノロジーを提供する一連の製品を導入する契約を ProgressSoft と結びました。

銀行のニーズを満たす最適なソリューションについて徹底的にリサーチした後、SIB は ProgressSoft の電子小切手処理ソリューション (PS-ECC) を導入することに決めました。PS-ECC は SIB のコア バンキング システムとシームレスに統合し、すべての小切手取引のストレート スルー プロセッシングを提供します。そして既存の ICCS システムは包括的で信頼性の高い電子小切手処理ソリューションと入れ替わります。

この提携には、銀行向け電子小切手処理「Prompt Check」、先日付け小切手処理「Prompt PDC」、社内電子小切手処理「Prompt OnUs」、さらに小切手保存ソリューション「Prompt Archive」を含むたくさんの製品の導入を含みます。

ProgressSoft は、セイシェル、ネパール、クウェート、オマーン、バーレーン、スーダン、リビア、カタール、およびヨルダン の 9 か国で、PS-ECC ソリューションを全国展開して小切手処理を実行しています。アラブ首長国連邦では、このソリューションはアブダビ国立銀行、アラブ銀行、および BNP パリバなどの大手金融機関で使用されています。

友人に送信