ProgressSoft、スマヤ王女工科大学の模擬国連会議2017のスポンサーに

印刷

リアルタイム ペイメント ソリューションの大手プロバイダーProgressSoftは、アンマンのスマヤ王女工科大学が開催する第5回模擬国連会議(MUN)のスポンサーになります。ヨルダン各地から国を代表するさまざまな大学生や高校生が集まり、有意義な議論を行います。

200人以上の学生が、安全保障理事会、人権協議会A、人権協議会B、軍縮委員会、総会、世界保健機関の6つの委員会に分かれる。

各委員会は、議論している議題に関して同盟国と敵国を見分け、さらに各国の立場、関心、信仰を判断します。議論した議題には、暴力的な過激主義に対する反対、人権の保護および促進、家族計画などが含まれます。

今年の会議のプラチナスポンサーであるProgressSoftは、学生をサポートするために派遣した従業員が3日間のイベントに参加し、際だった学生に報酬を渡しました。

ProgressSoftはヨルダンの技術教育に関する取り組みに深く関与しています。この支援は、すでにたくさん行われてきたうちのひとつであり、近い将来にもっと多くの取り組みが行われる予定です。

ProgressSoftは、社会の未来、すなわち若者による社会への貢献を尊んでいるからです。

友人に送信