ProgressSoft、ヨルダン大学が主催する ACM カレッジ プログラミング コンテストのプラチナスポンサーに

印刷

リアルタイム ペイメント ソリューションの大手プロバイダー ProgressSoft Corporation は、2016 年 9 月 30日と 10 月 1 日にヨルダン大学で開催された ACM カレッジプログラミングコンテストのスポンサーになりました。

このプログラミングコンテストは、ACM 国際カレッジ プログラミング コンテスト (ICPC) の一環です。ICPC は世界中の大学間で毎年競われる重層的なプログラミングコンテストです。

毎年、同コンテストは違う大学で開催され、今年の開催場所は ProgressSoft と頻繁に提携しているヨルダン大学でした。ProgressSoft は、ヨルダンのソフトウェア開発会社としてヨルダンのすばらしいプログラミングの才能を持つ人々を継続的に支援しています。d

同コンテストは、4 人の大学生で構成されたチーム間で競われる。コンテスト中、チームは 5 時間以内に 8 ~ 12 個のプログラミングの課題を解決します。彼らは C、C++、または Java プログラムで解決策を提出しなければなりません。その後、プログラムはテストデータに対して実行されます。プログラムが正解を出さなかった場合、チームは通知され、別のプログラムを提出できます。

同コンテストはチームワークと時間管理を重要視しており、各チームに 1 台のコンピューターを提供し、時間的制約を増やしている。

コンテストに参加した ProgressSoft の担当者は、イベント 2 日目に入賞した競技者に賞品と証明書を授与することに参加しました。

友人に送信