Prompt e-Check

ProgressSoft は、PS-ESS スイートの補完的メンバープロダクトである Prompt e-Check を導入しました。Prompt e-Check は完全に紙の小切手を公開鍵インフラ (PKI) セキュリティーアルゴリズムに基づく新しい電子証書に取って代えます。この新しい証書は、紙の小切手のセキュリティ機能を、暗号技術に基づくより堅牢な電子的形態のデジタルセキュリティに取って代えます。電子小切手の発行、書き込み、署名のプロセスは、完全に電子回路を通して行われ、インターネットバンキング、モバイルバンキング、法人金融システムを含むチャネルを活用しています。

Prompt e-Check は、銀行の個人客および法人顧客が、公開鍵の発行者と関連する共同署名者で電子的に署名する、電子小切手を発行、書き込み、署名、共有、預金する手段を提供します。

PS-ECC 製品群の一員である Prompt e-Check は、現在導入されている、銀行間決済および企業内 (OnUS) 電子小切手決済の電子決済サイクルとシームレスに統合し、現在の PS-ECC 設定インフラおよび中枢金融システム統合を活用します。

支払人は銀行のあらゆる施設を使用して、電子小切手を発行できます (登録要)。支払人は銀行のモバイルアプリケーション、インターネットバンキング、または電子小切手をリクエストするために銀行が顧客に提供するデジタルチャネルを使用します。

すべての電子小切手は発行や署名中に、PDF フォーマットで交換されます。つまり、発行および署名された電子小切手は PDF フォーマットで配信されます。そして、支払人と受取人の間で選択されたコミュニケーションチャネルを使用して、印刷または送信できます。

法人顧客による署名が必要な電子小切手移動は、同じアプローチを採用します。法人発行者は、彼らが追加した金額、日付、受取人情報で、電子小切手 PDF を発行し、受取人に最終的に送信する前に電子小切手に署名するために、企業電子メールを使用して企業認定共同署名者に送付します。

電子小切手をいつでもどこでも発行できるように、Prompt e-Check は支払い処理を素早くし、また電子小切手を発行するために顧客はモバイルデバイスを活用できるように、移動可能にします。

さらに、Prompt e-Check は小切手発行サイクルを制御して詐欺の可能性を少なくします。一方で、紙の小切手を照合する必要性を無くし、他の電子的な支払方法の既存インフラを活用します。

Prompt e-Check はモバイルバンキングやインターネットバンキングなどの全バンキングチャネルの機能として追加できます。また、銀行のコアバンキングシステムに加えて、ProgressSoft の Prompt CheckPrompt Clear とシームレスに統合できます。

製品スイート

PS-ECC
全国レベルの電子画像処理方式の小切手決済システム
Prompt Check
銀行向け電子画像処理方式の小切手決済システム
Prompt Clear
決済機関ユニットにおける電子小切手決済システム
Prompt RDC
遠隔地小切手電子化入金ソリューション
Prompt ATM/CDM
ATM/CDM 小切手電子化入金ソリューション
Prompt xBorder
クロスボーダー電子小切手決済システム
Prompt OnUs
行内電子小切手決済システム
Prompt Archive
電子小切手保管ソリューション
Prompt mRDC
ProgressSoft モバイルリモート預金キャプチャー
Prompt PDC
後の日付が記入された小切手管理ソリューション

接続してみましょう

下記のフォームをご記入の上、送信してください。 ProgressSoft から、直接サポートするためにご連絡させていただきます。

(金曜日は法定休日です)

今日は何でお困りですか?

記入し、Prompt e-Check ビデオを受信するために、以下のフォームを送信してください。