Prompt RDC

ProgressSoft は、納入業者や企業が小切手を電子化して即座に銀行に持ち込めることを可能にする、遠隔地小切手電子化入金ソリューションのPrompt RDCを小切手決済マーケットに提供します。

Prompt RDC は、すでに参加銀行が採用している小切手決済用ネットワークを利用して、遠隔地小切手電子化入金ソリューションの便益を電子小切手決済システムの枠内のすべての法人顧客に提供する目的で設計され、導入されています。

小切手画像処理システムを活用した Prompt RDC により、小切手入金のために銀行に足を運ぶ事は不要になりました。小切手と入金票は法人顧客のオフィスのデスクトップ・スキャナーでスキャンされ、電子的に銀行に送信されます。小切手金額は、その時のクリアリング・セッション中に入金口座に入金されます。

Prompt RDC は、ProgressSoft の小切手の小切手決済システムの Prompt Check とシームレスに統合することにより、銀行は小切手決済プロセスを電子的に処理することができます。

経費削減
小切手の電子化が法人顧客段階で可能になったことにより、輸送経費の削減に伴う顕著な経費削減が実現します。

決済サイクルの迅速化
小切手を物理的に銀行まで輸送する必要性の撤廃により、小切手処理の全ライフサイクルに要する時間から輸送時間を控除され、銀行は小切手処理により長い時間を使える様になりました。その分、法人顧客が1日に入金できる小切手の量が多くなります。

小切手入金時間枠の改善
Prompt RDC 導入により、銀行は小切手入金のカットオフタイムを延長することができます。電子小切手の入金は、通常の紙小切手の入金に比べて処理可能な時間帯が長くなり、全体的な決済時間が短縮化されます。

銀行取引の集約化
小切手入金に関わる地理的な制約が取り除かれる事により、邦人顧客が銀行取引を貴行に集約化する可能性があります。これによって今度は貴行が1件あたりの手数料を軽減するボリューム・ディスカウントを呈示する事が出来る様にもなります。

  • スマート・クライアント・テクノロジーを利用していますので、邦人顧客はオンラインまたはオフラインのどちらかのモードで作業する事が可能になります。
  • オンライン・モードの場合は、ストレート・スルー・プロセシングになります。
  • PKI(公開鍵基盤)セキュリティ規準に基づいて導入
  • 電子小切手の画像及びデータ交換に関する規準ANSI X9.37が提示する国際データ交換規準に準拠
  • 費用効率が高く、必要投資額は最小
  • 管理ツール不要

製品スイート

PS-ECC
全国レベルの電子画像処理方式の小切手決済システム
Prompt Check
銀行向け電子画像処理方式の小切手決済システム
Prompt Clear
決済機関ユニットにおける電子小切手決済システム
Prompt ATM/CDM
ATM/CDM 小切手電子化入金ソリューション
Prompt xBorder
クロスボーダー電子小切手決済システム
Prompt OnUs
行内電子小切手決済システム
Prompt Archive
電子小切手保管ソリューション
Prompt e-Check
ProgressSoft の電子小切手発行ソリューション
Prompt mRDC
ProgressSoft モバイルリモート預金キャプチャー
Prompt PDC
後の日付が記入された小切手管理ソリューション

接続してみましょう

下記のフォームをご記入の上、送信してください。 ProgressSoft から、直接サポートするためにご連絡させていただきます。

(金曜日は法定休日です)

今日は何でお困りですか?

Prompt RDCのパンフレットを受け取るには、以下のフォームをご記入の上、送信してください。

Prompt RDC

記入し、Prompt RDC ビデオを受信するために、以下のフォームを送信してください。