PS-EBPP

ProgressSoft の電子請求書決済とプレゼンテーション (PS-EBPP) は請求書を配送し、支払いをオンラインで集金する電子チャネルです。PS-EBPP は、請求者の顧客との関係を高めて、いっそう強化する発展した論理的延長です。

PS-EBPP を活用することで、請求者は紙の請求書を印刷するコストを無くし、配送遅延を減少させ、顧客のために割く時間や経費を節約します。同時に、顧客は支払いために請求者の収集点に物理的に行くことなく、請求書の支払いをすばやく簡略化された方法で管理できます。

PS-EBPP は、請求コンテンツと支払いの選択肢のオンラインとリアルタイムプレゼンテーションを提供することで、請求プロセス全体を一新できます。

PS-EBPP は、請求者が電子的に請求書を送信し、消費者が請求を支払うことができるウェブベースのゲートウェイポータルシステムです。PS-EBPP は、さまざまな請求者 (電力会社や通信会社など) から提供された請求書をひとつの電子フォーマットにまとめて、接続された銀行が簡単に請求書を読み込んで、オンラインバンキングやモバイルバンキングなどの電子チャネルを通じて顧客に請求書を提示できるようになります。

銀行のチャネルとモバイル決済サービスプロバイダー (PSP) を通じて、顧客は請求を表示して支払い、支払いは提示された請求書のステータスに直接影響及ぼします。標準的な取引では、顧客には請求書の情報と適切な支払いオプションが一緒に表示されます。顧客は支払方法を選び、資金の送金を開始することで、表示された請求書を支払うことができます。

PS-EBPP により、システム (PS-EBPP 運営者) をホストしている組織はシステムのオペランドを制御する機能や、参加している請求者や銀行の管理、統計および統計レポートを生成します。

システムは、役割や機能によって違う、複数の種類の参加者に対応しています。PS-EBPP の参加者は、請求書を発行して PS-EBPP に送信する請求者、請求情報を読み込み、それらを顧客に提示する銀行、そして PS-EBPP の運営者です。運営者は、PS-EBPP の運営方法を制御するシステム設定や定義を管理します。また請求書提示や支払いに関連する法律や規制に対応するルールや指示に適用させる役割をしています。

請求者は 2 つのモードで請求書を送信できます。請求者が請求情報を含むファイルを PS-EBPP に定期的にプッシュするプッシュモードと、請求者がすべての請求情報をシステムに維持するプルモードです。この場合、PS-EBPP は請求者のシステムと通信して、要求があり次第、顧客の請求書を取り出すために、利用可能な請求書の一覧を引き出します。

PS-EBPP はさまざまな利点をシステムの異なる参加者に提供します。

顧客:

  • 中央集中型請求プレゼンテーションメカニズム
  • 顧客の利便性。
  • 顧客の時間/コスト節約。

請求者:

  • 集金時間の削減。
  • 改善されたキャッシュフローと予測。
  • 改善されたカスタマーサービス。
  • 向上した顧客忠誠心と満足感。
  • 請求費用の削減。

銀行と PSP:

  • 競合に対する優位性
  • 請求者とのより簡単な統合化
  • 新しい売上チャネル
  • 向上した顧客忠誠心と満足感。

全国レベルで PS-EBPP を経済のさまざまな分野で稼働させることで、現金の使用や依存度を劇的に減少させて、統計報告を容易にします。

接続してみましょう

下記のフォームをご記入の上、送信してください。 ProgressSoft から、直接サポートするためにご連絡させていただきます。

(金曜日は法定休日です)

今日は何でお困りですか?

記入し、PS-EBPP ビデオを受信するために、以下のフォームを送信してください。