PS-DMS

あらゆる支払証書処理は、送信者または受取人によって、運営、技術、またはコンプライアンス上の理由で、意見の相違や苦情になる場合があります。すべての意見の相違や苦情は、解決策の正確さと成功を確実にするために、安全に、素早く、効率的に処理されなければなりません。

ProgressSoft 紛争管理システム (PS-DMS) は、銀行に中央銀行支払チャネルで処理された金融アイテムにおける紛争ケースを作成・交換する機能を提供します。紛争の理由は、アイテムの処理の間違いから、技術的および統合問題まで、さまざまです。PS-DMS は、問題処理と取引解決に到達するためのコントロールされた環境を提供する、自動化ワークフロー、タスクオートメーション、ルール管理システムを介して、複数の支払チャネルのケース管理処理を提供します。紛争解決は、ProgressSoft Corporation によって提供されているすべての利用可能な支払チャネルにわたって標準化されています。

このシステムは、中央銀行が最終意思決定プロセスや判断を確認、監督、時に干渉することを可能にします。さらに、このシステムは、中央銀行ユーザーが銀行間の紛争ケースを管理するための規則を決定するシステム設定を設計および管理するツールを提供します。

利点
  • 簡単に中央銀行の支払システムと統合。
  • 解決した紛争を処理するために中央銀行の RTGS システムと簡単に統合。
  • システムレポートとダッシュボードを使用して、紛争の現在のカウントとステータスを監視。
  • 金融機関の紛争を安全に、迅速に、効果的に解決。
  • 自動化ワークフローにより、中央銀行は複数の支払チャネル紛争を処理が可能。

PS-DMS は、中央銀行でホストされ、認定ユーザーによってアクセス可能な、ウェブベースのシステムです。PS-DMS は、紛争中の支払項目に参考資料を追加するために、中央銀行の支払システムとシームレスに統合できます。さらに、PS-DMS は承認された紛争の清算のために、中央銀行の RTGS システムと統合します。

紛争開始の日々のプロセス、承認、拒否、キャンセル、再プレゼンテーションに加えて、システムは開始銀行が紛争を中央銀行にエスカレートして、紛争の最終判決に到達することを可能にします。

銀行は紛争や (開始または受け取り側銀行として) 関連するレポート にアクセスできます。一方、中央銀行はすべての銀行からすべての交換された紛争にアクセスできます。さらに、システムを運営する規則の設定や、紛争ケースを処理する請求額や罰金の定義などを行えます。

すべての紛争処理ビューは、二重コントロール (メーカー/チェッカー) を必要とします。PS-DMS システムのユーザーは、彼らの側からアクションを必要とするレコードのみ表示できます。

接続してみましょう

下記のフォームをご記入の上、送信してください。 ProgressSoft から、直接サポートするためにご連絡させていただきます。

(金曜日は法定休日です)

今日は何でお困りですか?

記入し、PS-DMS ビデオを受信するために、以下のフォームを送信してください。