ProgressSoft 、ハロー・ワールド・キッズ・オーガニゼーションの 公立学校におけるプログラミング教科実験のスポンサーに

印刷

この国の潜在能力を最大限に引き出し、才能を育て、偉大なプログラマーを育成するための継続的な施策の一環として、 ProgressSoft は、ハロー・ワールド・キッズ・オーガニゼーションと協力してヨルダンの公教育制度の小学校段階でプログラミング教科を導入することを目指すイニシャティブのスポンサーになる契約に署名しました。

このイニシャティブは、アンマンの4つの公立学校の3年生にプログラミングを教え、各学期の最後には生徒たちが、習った事とそれを実生活でどう応用するかを紹介するために、自分たちのプロジェクトを公開するというものです。

学年度の最後に、ハロー・ワールド・キッズ・オーガニゼーションがこのイニシャティブの結果を教育省に提出、このカリキュラムの評価と、これを全国の教育制度に正式に導入するかどうかの決定がなされる予定です。

ProgressSoft がこの偉大なプロジェクトのスポンサーになったのは、若い世代のプログラマー教育を支援をすることで、彼らが将来優秀になり、成長と共にプログラミング経験と知識を獲得し、将来それをマーケットで適用する際により高度な能力を発揮出来る様になってもらうためです。このことが本質的に、創造的思考のできる世代を生み出し、ヨルダン経済の将来全体に良い影響を与えることにつながります。

友人に送信