ProgressSoft、ヨルダンの未来のプログラマーを教育することを支援することを継続

  • ProgressSoft、ヨルダンの未来のプログラマーを教育することを支援することを継続

ProgressSoftは、リトル・プログラミング・リーグ・イニシアティブの創立パートナーとして、Hello World Kidsとの協力を2年目も継続し、ヨルダン・ハシミテ王国中の行政区域で、若い生徒にプログラミングを教えることを奨励します。

ProgressSoftは、今年もHello World Kidsと提携して、プログラミングをアンマンとアカバ行政地区の9歳から13歳の生徒50人に教えます。ProgressSoft生徒チームは、毎週土曜日に行うHello World Kidsカリキュラムを2018年2月17日から始めました。

Hello World Kidsイニシアティブは、ヨルダンの公立学校と、ヨルダン王国のさまざまな行政地区からのUNRWA生徒1,100人に、プログラミングを教えます。トレーニングプログラムの期間は80時間で、生徒はグループに分けられる。プログラム終了時に、生徒2人がナショナル・リトルリーグ・プログラミング・コンテストに参加する資格を得て、以前にHello World Kidsカリキュラムを採用して学んだ、他の私立および公立学校の生徒と競うことになります。

ProgressSoftは、2015年および2016年度にスポンサーとして参加し、ヨルダン教育イニシアティブがHello World KidsおよびProgressSoftと覚書を交わし、公立学校で正式にプログラミングコースを試験的に試すと決まった後に、再びHello World Kidsの戦略パートナーになれたことを喜んでいます。今日、同カリキュラムはヨルダンの公立学校20校および私立学校の3年生から6年生の必須科目になっています。

ProgressSoftは、Hello World Kidsの組織を引き続き支援し、ヨルダン王国内の学生のプログラム教育を促進させることを目指しています。

友人に送信