ProgressSoft、PSUTで孤児にイフタールを提供

印刷

リアルタイム ペイメント ソリューションの大手プロバイダー ProgressSoft は、2016 年 6 月 28 日 (火) にスマヤ王女工科大学 (PSUT) で開催されたイフタールをスポンサーとして提供し、Fatima Al Zahra 児童養護施設から 100 人の孤児が参加しました。

子供たちは ProgressSoft チームや PSUT の学生と一緒にラマダンを祝って、楽しい時間を過ごしました。イフタールには、子供たちが1日中続く断食を中断するためのごちそうや、クイズ、ゲーム、フェイス ペインティングなどの催しが提供されました。イフタールを終える頃に、会場にいたすべての子供たちにプレゼントが渡されました。

ProgressSoft はヨルダン社会に貢献し、CSR プログラムを通じてヨルダン社会のさまざまな層に影響を及ぼすことを望んでいます。

友人に送信