IMFとデジタル通貨、中央銀行への要請

「デジタル通貨の事例は普遍的ではありませんが、私たちは真剣に、注意深く、創造的に調査するべきです」

決済業界では革命が起こっています。IMFマネージングディレクターのクリスティーン・ラガーデ氏は、はっきりと表現されたスピーチで、中央銀行が管理するデジタル通貨を提供する上で、中央銀行の役割の重要性を評価するために、世界中の中央銀行にスタート合図を行うピストルを鳴らして、この革命を擁護しました。

分散型元帳技術は多くの様々な分野で応用できるのは明白ですが、金融業界の準備は誤解されています。ご存じのように仮想通貨の革命はすでに始まっており、中央銀行によるお金の変化する特質を擁護することは、緊急を有する、避けられないことです。

「このデジタル界で現金にはどのような役割が残るでしょうか?すでにお店の窓の看板は「現金は受け付けていません」と書かれていますと、ラガーデ氏はシンガポール・フィンテックフェスティバル2018での講演で言及しました。

この革命の先駆者ProgressSoft Corporationは、ブロックチェーンをベースにした中央銀行デジタル通貨、PS-CBDCを開発しました。このデジタル通貨は、承認された分散型元帳技術の最も安定した形態をベースにした、高度で安全な形式の仮想通貨です。同ソリューションは、名目紙幣の1対1為替レートに付随する、デジタルマネーの所有権を即座に移行することを可能にして、クリアリング、決済、調整の必要性を無くします。

「この通貨は、金融一体性、安全性、消費者保護などの公共政策目標を満たす可能性があり、民間部門が提供できない、決済でのプライバシーを提供します」と、ラガーデ氏は明らかにしました。

PS-CBDCは、仲介者を通さない、したがって金融一体性を促進する安全でリアルタイムの取引を提供するだけでなく、ブロックチェーンのデータプライバシーと取引の匿名性を維持しながら、既存の金融エコシステムとの相互利用性を達成します。 さらに、中央銀行はPS-CBDCに単独管理権限を持っており、それが一般に認められている通貨として必要な合法性を提供します。つまり、規制されています。完全な分散型ピア・ツー・ピアソリューションで、単一障害点がなく、検証と一致の多角的なプロトコルです。すべての取引やお金の動きの包括的な不変の元帳で、すべてのPS-CBDC登録されたウォレットのリアルタイム残高照会を行えます。

またPS-CBDCは、スマートコントラクトと決済プロセスの複雑な文書(例、抵当証書や事業契約)の統合を介して、ビジネスルールの自発的な施行と規制を可能にします。中央銀行は、複数の認証局に基づく承認ネットワークユーザーの登録または取り消しを行えるID管理機能や、通貨機能を実行できる中央銀行の特別な特権が与えられます。

「別の表現をすると、中央銀行はその比較優位性、バックエンド清算に重点をおきます。金融機関とベンチャー企業は彼らが得意とすること、クライアントインターフェースとイノベーションに集中できます。これは官民のパートナーシップの最高の状態です」と、ラガーデ氏は講演で話しました。

PS-CBDCは、中央銀行がずっと望んでいたものを提供します。すなわち、実質的に無限の交換手段、価値の安全な保存、および安定した通貨の単位の役割を果たす、最も高度な形態の通貨です。

今、高度な通貨の用意と、中央銀行へスタート合図を行うピストルを鳴らしたことで、世界の国々はすぐに適応するのでしょうか、それとも急な変化への対応に遅れを取るのでしょうか?

友人に送信