JoMoPay - ProgressSoft が提供するモバイル決済相互運用性のライブモデル

印刷

MENA 地域のモバイル決済サービス間の相互運用性を可能にするために 2014 年に始まった JoMoPay は、最初の国営スイッチングインフラであり、MENA 地域および世界中でヨルダンを金融受け入れ活動において最前線に立たせました。

2012 年の年末にかけて、ヨルダン中央銀行 (CBJ) はモバイル決済のスイッチを構築する提案依頼を発表しました。複数の海外からの入札者が評価された後に、ProgressSoft は JoMoPay (Jordan Mobile Payments の略) というブランド名でモバイル決済スイッチングと決済ソリューション (PS-mpClear) を展開することを提案して、この契約を獲得しました。ProgressSoft が、24 か国において 350 行以上の銀行と、CBJ を含む 9 行の中央銀行にリアルタイムペイメントと決済システムを提供していることが、今回の決定プロセスで評価されました。

ProgressSoft は、スイッチング、決済、制御的役割を含む、すべてのニーズに対応する完全なプラットフォームを持つために、CBJ が必要としていたすべての機能を提供しました。.

PS-mpClear は、STP ベースでのモバイル金融および非金融取引の処理や交換、複数のモバイル支払サービスプロバイダー間のメッセージ配信に対応し、相互運用性を確保しています。

PS-mpClear により、キャッシュフローを監視したり、少額決済を含む全取引を管理したりすることで、CBJ はモバイル決済と主要参加者を制御できます。このアプローチによって、CBJ はモバイル決済サービスプロバイダーの財政の安定性を監視し、プロバイダーが規制を順守するようにしています。

ProgressSoft の PS-mpClear は、スイッチング、決済、規制の役割を実行しています。それら役割の機能には、単一金融取引スイッチングと処理、異なる金融機関間の取引の決済、CBJ の RTGS との統合が含まれます。さらに、モバイル決済エコシステムに参加するよう、銀行利用者および非銀行利用者を含む人口全体に提供され、毎日24時間運営されています。

少額決済の監視は PS-mpClear を通じて行われ、マイクロファイナンスの統計 MIS データの収集を可能にしています。非銀行利用者にモバイル決済オプションを提供することで、マイクロファイナンスをその大きなセグメントに広げることができます。低所得者層の財政を含めることができます。これが最終的に経済と GDP にプラスの影響をもたらします。

規制の役割の観点からいえば、PS-mpClear によって CBJ は各シングルユーザーとモバイルアカウント情報の国家記録を保有しています。さらに、デビット最大限度額、モバイル決済取引、モバイル決済取引限度額、ウォレットの数とユーザータイプごとのアカウントなどの監視と追跡を実施します。

友人に送信