ProgressSoftからスプリングワンプラットフォームへ、感謝のしるし

成功に貢献した人たちはその成功を共有し、利益を得るべきであるという新年に基づいて設立された企業であるProgressSoftは、会社へのすばらしい実績と努力に対する感謝のしるしとして、サンフランシスコのスプリングワンプラットフォームに参加する、優秀な社内プログラマー8名を求めています。

Pivotelが主催しているスプリングワンプラットフォームは、クラウドネイティブのソフトウェアを構築、導入、運営する人たちのための主要なカンファレンスです。この4日間のイベントに、世界の大手ソフトウェア会社、企業、クラウド専門家が集まり、コラボレーションし、知識を共有して、本質をかえるソフトウェアを作成します。

イベントは今日始まり、2017年12月7日まで開催されます。議題には、マイクロソフト、グーグル、マスターカードなどの有名なグローバル企業からの講演者による、汎用性のあるセッションが含まれます。

ProgressSoftのマイケル・ワキリー最高経営責任者は、「従業員によって所有されている企業が、私達の成功の鍵です。私達は、高い専門性を持つ、才能ある献身的な従業員を引き寄せ、やる気にさせ、権限を与え、維持しています。従業員は強い労働倫理を持ち、結果志向です。彼らは当社の中核的な価値観を信頼し、支援しています。当社は従業員に、課題、機会、昇進、十分な報酬、福利厚生、個人トレーニングを提供しています。当社は、それぞれの授業員に当社の不可欠な存在であるように感じてもらいたいと考えています。当社は優れた業績を持つ従業員に、会社の将来の株式を提供しています」と話しました。

ProgressSoftは優れた8人のプログラマ―に彼らの人生を豊かにする可能性を持つ機会を提供しました。これは、従業員の人生に影響を与えるような環境をつくると、従業員は他の人の人生を高める責任を取るようになるという信念と合っています。

友人に送信