ProgressSoft、エジプトで新モバイル決済サービスを促進

  • ProgressSoft、エジプトで新モバイル決済サービスを促進
  • ProgressSoft、エジプトで新モバイル決済サービスを促進
  • ProgressSoft、エジプトで新モバイル決済サービスを促進

ProgressSoft Corporationは21st Cairo ICTで、e-financeと提携して、モバイル決済プラットフォームPS-mPayで実装された新しい画期的なモバイル決済サービスの開始を発表しました。

Cairo ICTは、エジプトのアブドルファッターフ・アッ=シーシー大統領の後援によって開催されている年間イベントです。今回は、カイロのエジプト国際展示センターで2018年11月25日~28日に開催されました。イベント中ProgressSoftは、「Maashy」というブランド名で新しい年金モバイル決済サービス、エジプト初で最大の電子決済ゲートウェイを発表しました。これはProgressSoftのe-financeとの提携において、新たな業績になります。

e-financeによるMaashyの開始は、社会連帯省の年金受給者に、年金徴収、政府支払い、送金、残高照会、問い合わせ、寄付、電気代、大学授業料などの請求書支払いを含む、さまざまなモバイル決済サービスを提供することを目的としています。Maashyは最終的に、e-financeのネットワーク内の650万人の年金受給者に到達する予定です。

ProgressSoftはe-financeと提携し、「Agri Phone」というブランド名でAgricultural Bank of Egyptから提供される新しいモバイル決済サービスの開始を発表しました。この新サービスは、農業部門の銀行口座保有者や銀行口座非保持者に、送金や寄付や授業料振込などの請求書支払いを含む、広範囲の決済サービスを提供します。また銀行口座保有者は、Agri Phoneを使用してローンの支払いを行うことができます。

Agri Phoneユーザーは、Khales Mobile(e-financeが2016年に開始した、ProgressSoftのモバイル決済システムPS-mPayのブランド名)によって提供されている全サービスを利用できます。Khales Mobileは銀行利用者層および非銀行利用者層に、送金や電子請求提示を含む広範囲の決済サービスを提供しており、e-financeでホストされ、エジプトの複数の事業体でソフトウェア・アズ・ア・サービスモデルとして使用されています。これにより銀行は、e-financeを通じて銀行の敷地内のプラットフォームと統合することなく、サービスプロバイダーとしての役割を果たすことができます。

ProgressSoftは、エジプトでモバイル決済サービスの原動力になっているe-financeとの提携を喜んでいます。

友人に送信