ProgressSoft、シドニーのSibos 2018で展示

  • ProgressSoft、シドニーのSibos 2018で展示
  • ProgressSoft、シドニーのSibos 2018で展示
  • ProgressSoft、シドニーのSibos 2018で展示
  • ProgressSoft、シドニーのSibos 2018で展示
  • ProgressSoft、シドニーのSibos 2018で展示
  • ProgressSoft、シドニーのSibos 2018で展示
  • ProgressSoft、シドニーのSibos 2018で展示

ProgressSoftは毎年恒例の第40回世界のプレミアファイナンシャルイベント、Sibos 2018で展示します。同イベントは本日から開始し、10月25日までオーストラリアのシドニーのICCで開催されます。

Sibosは、業界全般にわたって8,000以上の経営幹部、意志決定者、思想的指導者をつなげる、SWIFTが主催する年次会議および展示会です。何百人もの講演者とカンファレンスセッション、そして約200の出展者と複数の交流会により、Sibosはビジネス戦略について話し、ネットワークを広げ、金融業界の未来を集合的に形づくる場所です。

今年のSibosのテーマの「デジタル経済を有効化させる」を達成するため、ProgressSoftは、支払い、クリアリング、決済をブロックチェーンベースの中央銀行デジタル通貨を使用して、またはRTGSを介して電子マネーを決済することで、即座に支払いを完了させる、ひとつの統合システムに統合する、包括的なトータルナショナルペイメントシステムを展示します。

電子小切手発行や小切手のモバイルリモート預金キャプチャーを含む、モバイル型電子小切手決済ソリューションに加えて、ProgressSoftの最先端のモバイル決済スイッチとクリアリングソリューションや、デジタル通貨と電子マネーの両方に対応している世界初のモバイル決済プラットフォームも展示されます。

包括的なトータルナショナルペイメントシステムが決済システムの効率を向上させる方法の詳細に興味がある場合は、または弊社のモバイル型決済ソリューションを試してみたい場合は、ブースB50までお越しください。弊社担当者がお客様のニーズについてお伺いします。

友人に送信