ProgressSoft、セイシェル電子振込決済システムの顧客プラットゴームを開始

セイシェル中央銀行(CBS)は、ProgressSoft Corporation、セイシェル信用組合(SCU)、セイシェルの商業銀行と提携して、セイシェル電子振込決済(SEFT)システムの顧客プラットホームを開始しました。このプラットホームは今日、さまざまなユーザーに電子振込の提供しています。

このアップグレードで、SEFTはもはや銀行だけ利用可能なものではなく、一般の方も利用可能になっています。一般の方も自宅や会社からオンラインペイメントを開始できます。アップグレードは、自動取引アーカイブなどの新機能を提供しており、ユーザーはすべての取引を追跡できます。さらに、開発されたモバイルアプリは、Google PlayやApp Storeで利用可能で、ユーザーは送金または受け取ったすべての支払いを表示および追跡できます。

さらにこのアップグレードで、ProgressSoftはCBS、全商業銀行、およびSEFTシステムのSCUの中核金融システムを統合し、取引のストレートスループロセスを可能にしています。これは人間の介入や紙を使用した取引を大幅に減らし、最終的にエラーを減らし、効率を高めます。

ProgressSoftの電子振込決済システム、セイシェルでSEFTとしてブランドされたPS-EFTは、ひとつの場所から別の場所へ電子チャネルを経由して資金を送金する機能を持つ、高度な電子振替決済システムです。PS-EFT は、物理的な資金の交換の必要性を無くし、さらに支払人や受取人が銀行に行く必要もありません。その結果、個人および法人金融機関の顧客が体験している決済の煩わしさを解消することに成功しました。

SEFT実装の第1段階は、政府、企業、一般大衆により優れた決済体験を提供するために、国の決済システムやサービスを近代化しようとしているCBSを協力するために、ProgressSoftによる寄付として2013年に始まりました。 それ以前に、ProgressSoftは電子小切手決済(PS-ECC)システムを全国規模で導入しました。現在、そのシステムは同日小切手決済と清算プロセスを可能にするために、CBSと島のすべての銀行で使用されています。

友人に送信