ProgressSoft、第3回中央銀行決済カンファレンスを終了

  • ProgressSoft、第3回中央銀行決済カンファレンスを終了
  • ProgressSoft、第3回中央銀行決済カンファレンスを終了
  • ProgressSoft、第3回中央銀行決済カンファレンスを終了
  • ProgressSoft、第3回中央銀行決済カンファレンスを終了
  • ProgressSoft、第3回中央銀行決済カンファレンスを終了
  • ProgressSoft、第3回中央銀行決済カンファレンスを終了
  • ProgressSoft、第3回中央銀行決済カンファレンスを終了

ProgressSoftが出展した、ドイツ、ベルリンで開催された第3回中央銀行決済カンファレンスが本日終了しました。新しい決済技術を世界中の中央銀行に提供することで、中央銀行機関の将来的な洞察を明らかにしながら、ProgressSoftはそれら機関の重要なトピックに光を当てることができました。

財務一体性の重要性、相互運用性、国レベルでの決済チャンルの厳格な監督に注力しながら、ProgressSoftは、相互運用性モバイル決済交換の世界初のイノベーターとして、モバイル決済相互運用性に関する同社の見解を50行以上の中央銀行や通貨当局に説明しました。相互運用性モバイル決済交換は、より包括的で達成可能な財務サービスを市民に提供するために、中央銀行がこれまでにない機能を提供する必要なものを深く理解して設計されたソリューションです。

相互運用可能なモバイル決済交換は、コロンビア、モルジブ、オーストリア、オランダ、カナダ、イギリス、シンガポール、タイを含むさまざまな国の中央銀行20行以上の興味を集めました。

同時に、決済の最新トレンドに通じるために、ProgressSoftは、最新のブロックチェーン型中央銀行デジタル通貨、リアルタイム小売決済(インスタント決済)などを含む、中央銀行向けに設計された、安全で相互運用可能な決済システムを展示しました。

友人に送信