ProgressSoft、Dinarakによるモバイル決済システムの開始に成功したと発表

ProgressSoftは、にヨルダンのDinarakによるモバイル決済ソリューション、PS-mPayの開始に成功したことを喜んで発表します。

ProgressSoftは、ヨルダンの中央銀行の「JoMoPay」システムによる認定決済サービスプロバイダーと提携できることに、喜んでしています。Dinarakは、ヨルダン王国で財政的に遮断されている人々に、直接的にメリットを与えるブランドやネットワークを構築することに重点を置いています。その目的は、現在PS-mPayによって提供されている革新的な決済サービスによって可能になりました。

PS-mPayは、銀行口座保有者や銀行口座を持っていない人が国内送金および国外との送金を行うことを可能にする、現代のモバイル決済プラットフォームです。DinarakによるPS-mPayの開始によって、銀行口座を持たない顧客に、請求書提示、支払い、カードレスATM引き出し、PINレスマーチャント支払いクレジット/デビット、個人対個人送金など、さまざまなサービスを提供することを可能にします。さらに、顧客のデータと資金の保護をするために、マーチャントのPOSとエージェントの入金・出金時に、セキュリティ機能である一回限りのパスワード(OTP)に対応しています。

PS-mPayの開始は、「数百万人の銀行口座を持たないジョーダンの人々に金融サービスへのアクセスを提供し、金融一体性を通じて生活を変えるモバイル決済ビジネスを構築する」という、Dinarakのミッションと一致しています。

JoMoPayはヨルダン中央銀行によって2014年初めに開始され、最初の国内スイッチになり、ヨルダン王国でモバイル決済サービスを普及させています。このサービスはProgressSoftによって導入されました。JoMoPayは、ヨルダンを中東と北アフリカの中で、初めてモバイルマネーサービスの相互運用を実装した国にしました。

ProgressSoftは、戦略的なパートナーシップを維持し、ヨルダンでモバイル決済の将来を形づくることを目標としています。

友人に送信