PS-RPS

今日の世界では、人々はテクノロジーが作り出す種々の通信手段を使って互いに瞬時につながる事ができるので、スピードと効率性は標準になってしまいました。即時性は、我々の日常生活の中にすっかり入り込んでしまい、色々なシステムが我々に常に即時性を達成する事を求める様になりました。それは決済業にも当てはまります。過去何世紀もの間、現金は資金移動の即時性を保証する最も便利な支払手段と考えられてきました。しかし、現金には問題点や欠点があります。例えば、印刷、保管、流通に関わるコストを考慮すると、現金は費用のかかる手段です。

従って、世界中の国々がこの目標のために、様々なシステムや送金スキームを導入して、キャッシュレス社会の実現に向けた努力をしていますが、つい最近まで電子送金された資金を受取人が利用出来るのは、商人であれ個人であれ、1日から数日後でした。このため、ここ数年の間に、電子送金された資金を受取人が即時に利用出来るようにしようとする動きが出てきました。

世界中で、即時決済(至急送金、ファスター・ペイメント、即時小口決済とも呼ばれる)に大きな弾みがついてきました。この新潮流は、簡単で、すぐにできて、便利で、安全で、いつでも使える決済サービスを求める顧客ニーズが日々増大していることが背景にあるので、止めることはできません。そしてこの要望は、今日のテクノロジーが満たすことができるものなのです。

PS-RPS は、最終消費者の要望に応えて十分使い易く迅速なサービスを提供するために、24時間365日使える様に開発された全国レベルの即時小口決済システムです。PS-RPSを利用する顧客は、紙幣を交換するのと同じ様に簡単に銀行預金を対面で交換することができます。しかも、全国どこにでも、銀行が閉まっている時でも、即座に送金ができます。

PS-RPS のセキュリティは万全です。特に ProgressSoft は、このシステムがG20諸国の中央銀行が打ち出した金融市場インフラのための原則に準拠していることを確認しています。

スマートデバイスが益々普遍的な存在になり、モノのインターネット(IoT)の様なテクノロジーの新潮流が興隆してくると、最終消費者に提供される送金方法や決済チャンネルは劇的に拡大します。消費者は、スマートデバイスやパソコン等の他のインターネット接続デバイスなど、数多くの送金依頼チャンネルの中から自由に選ぶことができます。便利さの観点からは、スマートフォンが PS-RPS を含む新世代の小口決済システムにアクセスするのに最も広く利用されるデバイスになると期待されています。

PS-RPS は、すべてのスマートデバイス送金依頼チャンネル及びアプリに対応し、個人から個人(P2P)、個人から企業(P2B)、企業から個人(B2P)及び政府機関宛て等、様々な種類の送金依頼を消費者に可能にします。典型的な送金は個別送金または一括送金ですが、PS-RPSは、予めマンデートを手配する必要が無く、従って消費者が銀行口座の残高をより良く管理できるダイレクト・デビットのための新たな枠組みを提供します。

PS-RPS は、夜間、週末、銀行休業日を含むいかなる時間でも即時に行う消費者間の決済と、中央銀行の営業時間中に通常RTGSシステムを利用して行う銀行間の決済を区別します。

PS-RPS の決済エンジンのデザインは柔軟な構成が可能で、決済管理者が多くのオプションから選択することができます。PS-RPSは1日に中で複数回の決済サイクルを設定可能で、24時間対応できる様に設計されています。決済サイクルは、以下の二つの条件のどちらかが最初に充足された場合に起動することができます:

  • 調整可能な一定時間の経過
  • 各銀行毎の流動性準備金相当の上限金額(即ち、デビット・キャップ)

PS-RPS は、銀行間決済に繰延ネット決済(DNS)方式を採用しています。各決済サイクルが完了したら、システムは各加盟銀行の決済尻を算出し、それをRTGSシステムによる最終決済のために中央銀行に連絡しますが、その間に次の決済サイクルはすでに始まっています。

PS-RPS が利用するDNS方式は、決済・市場インフラ委員会(CPMI)が公表した金融市場インフラのための原則(PFMI)に準拠しています。この原則は、世界各国の金融安定を維持するためのグローバル・スタンダードとして設定されました。この原則に従って、DNS方式では加盟銀行にそれぞれのデビット・キャップ全額相当の担保差し入れが求められます。

この新潮流の最も明白なベネフィットは、最終消費者と企業が享受します。資金を24時間365日送ったり受け取ったりした上、その資金が即座に利用可能になるという明確な利点に加えて、即時決済は最終消費者と企業に資金残高と資金支払をより良く管理することを可能にします。彼らは、誰にいつ支払うかを、好きな場所から簡単に選択することができます。企業にとっては、即時送金によるキャッシュフローが改善されますが、特に商人にとっては、商品・サービスを提供する前に資金の受領を確認できる様になります。

銀行にとっては、PS-RPS は PayPal、Apple または Googl 等の新規参入者と早い段階で競争できる機会を提供します。即時決済サービスの提供は、銀行が提供するサービスへの顧客取込みを促進することになり、収益増強につながります。即時決済により、銀行は最終消費者向けの革新的新商品やデジタル決済機能の開発を促進できます。

当局にとって、即時決済の論理的根拠は極めて明確です。即時決済は、経済全体の効率を改善し、技術革新を促進します。それはまた、非合法活動への資金供給に対する戦いを支援します。PS-RPSは広汎な銀行支店網や物理的電気通信回線の運用が不要なので、発展途上国における金融包摂を促進します。

接続してみましょう

下記のフォームをご記入の上、送信してください。 ProgressSoft から、直接サポートするためにご連絡させていただきます。

(金曜日は法定休日です)

今日は何でお困りですか?

記入し、PS-RPS ビデオを受信するために、以下のフォームを送信してください。