PS-ACH

PSーACH は ProgressSoft が最先端のテクノロジーに基づいて開発した自動決済機関ソリューションです。順応性の高いアプリケーションであるため、異なるニーズを持つ多種多様な銀行グループが利用出来る様、容易に構成ができます。すでに数カ国で導入されており、各国の中央銀行、銀行、企業、公益事業会社そして個人から常に高い評価を受けています。

PSーACH は一日24時間、週7日の対応が可能で、ストレート・スルー・プロセッシング(STP)による小口決済指図の交換を参加機関の間で行う基盤を提供します。PSーACH はISO20022フォーマットのメッセージの標準的インターフェイス・チャンネルを利用しています。標準装備のコンバータにより、PSーACH はSWIFTMTメッセージ・フォーマットでもオペレーションできます。

PSーACH は、クレジット・トランスファー(国によってはダイレクト・クレジットとも呼ばれる)及びダイレクト・デビットの処理ができます。また、電子化された小切手をダイレクト・デビットとして処理することもできます。

PSーACH の中核はセントラル・システムで、支払い指図のクリアリングと送金ルーティングの処理を行います。また、参加機関の残高をクリアリング時間中リアルタイムで把握し、最終決済のために、RTGS システムとインターフェイスします。

クリアリングは、ソーティング機能とネッティング機能の両方を包含しています。それぞれの銀行グループのニーズに基づいて、一日の間に複数回の決済サイクルを実施することが可能です。各決済サイクルの最後に参加機関のネット・ポジションが RTGS システムで決済されれば、それまでの送金決済は確定(取消不能かつ無条件)します。

PSーACH は、国際基準に準拠して設計されたいかなる RTGS システムともインターフェイス可能です。ProgressSoft が開発したRTGSシステムの PSーRTGS を利用すれば、両システムは同一の基準に準拠して開発されているので、更なる利点があります。ProgressSoft のACHとRTGSの製品は、コンフィギュレーション対応範囲が極めて広いため、世界中の中央銀行の多種多様な要件にも最低限のカスタマイゼーションで対応することができます。従って、PSーACH とPSーRTGS の組み合わせれば、送金取引を準リアル・タイムで決済処理できる順応性の高い送金基盤を構築することができます。

PSーACH は、個別送金指図でもバッチ送金でも処理が可能です。個別の処理手順をそれぞれの送金指図の目的(給与、納税、請求書支払、配当金等)に応じて構成することが可能です。それぞれの送金の処理要件を充足する様にワークフローを定義することができます。PSーACHは、先日付送金(将来日付で決済)やスタンディング・オーダー(繰り返される定期的送金)も処理できます。 

過誤防止のため、受取銀行が(最終受取人を特定できない等により)迅速に確認できない取引は、拒絶されて送金依頼人に通知されます。過誤への更なる対応としてPSーACH は幾つかの選択肢を用意していますが、それらはすべて最終決済の取消不能の原則を遵守するものです。例えば、送金依頼人は支払指図を最終決済前に取り消すことができます。また、受取銀行はクレジット・トランスファーを決済後に返却することができますし、支払人が要求すればダイレクト・デビットは返却することが出来ます。

PSーACH では、中央銀行または決済機関が多くのパラメータを定義することが出来ます。例を挙げれば、参加銀行口座の管理(例えば口座の開設・解約、最大ネット借方ポジション)、クリアリング・セッションの回数とタイミング(含む、カットオフタイム、決済スケジュール)、手数料体系、レポーティング登録等があります。更に、このシステムはシステム管理者が参加銀行の個別及び合算ポジションをリアル・タイムで監視することができる様に、ユーザー・フレンドリーなツールを提供しています。

PSーACH 参加銀行システムは、中央銀行または決済機関にホストのあるウェブ・ベース・システムで、これにより参加銀行はセントラル・システムを最大限に利用し、処理時間を短縮することが出来ます。この参加銀行システムにより、ProgressSoft は PSーACH が、リスクや遮断を回避しつつ参加銀行を効率的にサポートできる様にしています。

参加銀行システムの主要な特徴は以下のとおり:

  • 中央銀行に発信する前にすべての支払指図の内容を確認
  • 参加銀行が複数のコミュニケーション・チャンネル(ウェブ・サービス、ファイル、メッセージ・キュー等)を利用可能にする
  • ISO20022 からSWIFTMTメッセージ・フォーマット(及びその逆)へのコンバージョン・サービスを提供
  • 銀行ユーザが仕向送金指図の発信や被仕向送金への回答や返却を行うための、ウェブ・ベースのグラフィック・ユーザ・インターフェイス(GUI)を提供
  • 決済プロセスの様々な局面の即時モニタリングや追跡が随時できる様な、リアル・タイム・レポーティングや照会機能
  • 参加銀行が、中央銀行が報告した取引明細と銀行の基幹バンキング・システムに記帳された明細の証査を行い、不一致がある場合には直ちに検知して解消するのに必要なサポートを提供
  • フェイルした取引を決済機関に再送するためのオペレーション時間と労力を削減

参加銀行システムは、オープンなアプリケーション・プログラミング・インターフェイ(APIs)を展開して、参加銀行が内部システムとの間で直接送金メッセージや回答、取消、返却、組み戻しを遣り取りすることを可能にしています。これらのAPIは、ISO20022及びSWIFTMTメッセージ・フォーマットを利用しており、S/FTP、メッセージ・キュー、ウェブ・サービス等の多様な通信チャネルでアクセス可能です。

PSーACH の参加銀行システムはマンデート管理システム機能も保有しており、銀行と請求書作成人が、ダイレクト・デビット取引を事前承認する手段として電子マンデートを作成し管理する事を可能にします。また、ダイレクト・デビット取引と対応するマンデートのリアル・タイム・バリデーションとマッチングを実施します。このバリデーション機能には、マンデート・ステータスの有効性チェックに加え、スケジューリング・オプション(頻度、決済日を含む)や取引金額上限等の支払条件チェックも含まれます。PSーACHには、更なる柔軟性を提供するために、中央銀行の様な特定の参加銀行を「セーフ・センダー」として構成することにより、ダイレクト・デビット取引を一定の上限金額に至るまで事前承認マンデート無しで送信することを許容することが可能にする機能があります。

PSーACH は各国の銀行システムに応じて、中央集約モデル、分散モデル、ハイブリッド・モデルの異なる三種類の構成で導入することができます。

中央集約モデルでは、セントラル・システムと参加銀行システムを含むソリューション全体とすべてのコンポーネントが中央銀行または決済機関のサーバ上に展開され、参加銀行側では一切のシステム導入が行われません。従って、参加銀行は中央銀行が受け入れるネットワーク(多くの場合は専用回線)を通してシステムにアクセスし、その機能を利用することになります。

分散モデルでは、セントラル・システムは中央銀行または決済機関に展開される一方、参加銀行システムは各個別参加銀行に展開されます。銀行は参加銀行システムを利用して仕向・被仕向送金の処理やシステムが作成する各種レポート類にアクセスします。このモデルでは、参加銀行システムを基幹バンキング・システムに統合するのは各銀行の義務となります。

ハイブリッド・システムは、セントラル・システムと参加銀行システムを中央銀行または決済機関に展開した上で、取引量の少ない小規模な銀行にはASPアクセスを許容する一方、大規模な銀行には独自の参加銀行システムを自行に展開することを許容することにより、分散モデルと中央集約モデルを合体したものです。

両コンポーネント(セントラルと参加銀行)は完全ストレート・スルー・プロセッシング(STP)を実現するために、第三者のシステムとの互換性を維持しています。セントラル・システムは、即時グロス決済(RTGS)システムとの統合が容易にできる一方、参加銀行システムは、参加銀行の基幹バンキング・システムと標準的なインターフェイスで統合できます。

PSーACHを設計する際に ProgressSoft が重点を置いたのが、参加銀行を潜在的不正行為から保護するという極めて重要な要件です。暗号化、デジタル署名、セキュア・ソケット・レイヤー(SSL)、ハッシュ・アルゴリズムその他のテクノロジーにより、ユーザ同士の通信に安全な環境を提供することが可能になりました。更に、参加銀行システムは単独のアプリケーションとして機能するので、独自のセキュリティ・サブ・システムが分散環境下で機能することができます。各システム管理者はシステム・ユーザ、グループ、勤務時間その他の機能を堅牢、大規模に実現可能、かつ高度に構成可能な形で定義ことにより、機密情報の保護、機密性、可用性及び完全性を確保できます。

接続してみましょう

下記のフォームをご記入の上、送信してください。 ProgressSoft から、直接サポートするためにご連絡させていただきます。

(金曜日は法定休日です)

今日は何でお困りですか?

PS-ACHのパンフレットを受け取るには、以下のフォームをご記入の上、送信してください。

PS-ACH

記入し、PS-ACH ビデオを受信するために、以下のフォームを送信してください。