PS-ECC

PS-ECC は、電子画像処理方式の小切手決済システムで、全国レベルの小切手決済処理を同日中に完結できる様に設計されています。PS-ECCは、小切手の画像を電子的に伝送する手段を提供しており、銀行と決済機関の間で紙の小切手を輸送する従来の物理的な定型作業を完全に代替するものです。

PS-ECC が展開するオンライン小切手決済システムは、銀行は手間と時間の掛かる手作業の65%削減を可能にし、入金してから数分以内で受取人口座の小切手を資金化する、小切手と決済サイクル全体を完璧に管理できるツールを提供しています。

PS-ECC は先ず、現行の手作業方式で3〜5日要する小切手決済サイクルを同日決済に短縮することを可能にします。この短縮は、銀行のキャッシュ・フローを増加させ、その結果利鞘と資金管理の改善、経済効率の向上をもたらします。

小切手を「ECC化」する事により、日々の長時間の煩雑な事務処理に伴うすべての間接コストと時間を取り除き、極めて安全なオンライン環境での処理に置き換える事ができるのです。PS-ECC は処理時間と保管ニーズの更なる削減を確実にしますので、財務面で顕著な成果を挙げ、貴行とお客様に十分な便益をもたらします。

PS-ECC は、支店段階から紙の小切手排除を可能にする小切手電子化システムを導入しますので、紙の物理的な輸送を不要にし、小切手紛失や処理遅延のリスクを著しく削減できます。これにより貴行の人件費削減と小切手決済に伴うセキュリティ向上が可能になります。

PS-ECC は Prompt RDC と統合した場合、顧客のオフィスでの小切手データの取り込みと小切手入金が可能になります。また、現金自動受払機や現金自動支払機(ATM/CDM)を Prompt ATM/CDM と統合した場合も同様です。PS-ECC はまた自動署名照合システムのPS-ASVと統合した場合、小切手署名の自動照合機能を提供できます。

PS-ECC は、小切手電子化の法律面での障害を削減することで送金システムの技術革新と効率改善を促進することを目指した米国の法律、小切手決済21世紀 法(小切手21法)に準拠しています。小切手画像を取り込み、銀行が紙の小切手を電子化することを可能にするPS-ECCは、小切手21法が紙の小切手と同様の法的有効性を認めている電子小切手の使用を促すものです。それは小切手の情報を電子的に処理し、引き続き紙の小切手を受け付けることを望む銀行に電子小切手を現行に引き渡します。

カタール
2001 年にカタール中央銀行との契約に署名、同国は世界で初めて全国レベルで電子画像処理方式の小切手決済システムを実運用した国となりました。それ以来、手作業の小切手決済は時代遅れとなり新テクノロジーに代替され、カタールの銀行及びHSBC、スタンダード・チャータード銀行、BNPパリバ等の国際的な銀行を含め18の銀行で導入されています。

ヨルダン
2004 年12月、ヨルダン中央銀行は銀行界を代表して送金サービスの新時代の将来と小切手決済プロセスのアップグレードの契約に署名。ヨルダンにある26の銀行と36千平方マイルの国土に展開された1,167の支店は、手作業から完全に電子化された小切手決済への円滑な移行を実施しました。

スーダン
2005 年、ProgressSoft は PS-ECC をスーダン共和国に導入、スーダン中央銀行の電子小切手決済ユニット、39の商業銀行と638の支店が対象となりました。この巨大プロジェクトとスーダン中央銀行との現在も継続中の関係はその後、ProgressSoftと同中銀が協力して推進している「顧客感謝プログラム」に結実することになりました。この七年掛かりのプログラムで当社は、電子小切手決済システム・スィート(PS-ECC Suite)のすべてのライセンスを、ProgressSoftの主要小切手決済モジュール及びそのスィートに付随する先日付小切手(PDC)、遠隔小切手取込(RDC)、ATM及び小切手保管モジュールのアップデートを含めて提供することになっております。

オマーン
2009 年1月、オマーン中央銀行は同国のすべての銀行を対象に小切手の電子決済を開始しました。同中銀がオマーンの銀行全体の小切手決済慣行を最新の水準に引き上げる目的で選択したのが、ProgressSoft のソリューション PS-ECC でした。この全国規模のプロジェクトに伴い、同中銀を同国の全27銀行及びその支店を繋ぐ電子ネットワークの構築が行われました。

ネパール
2010 年の年末前に、ProgressSoft は地球の反対側にまで実績を伸ばすことに成功しました。はるか東南アジアのネパールで電子小切手決済プロジェクトを手がけました。この大プロジェクトは今では実運用に入っており、147,181平米の国土に広がる125の銀行と金融機関が参加しています。

バハレーン
バハレーンに画像処理方式の電子小切手を導入したいとの同国中央銀行の要請を受け競争入札を行った BENEFIT が選んだのが、技術革新と導入実績で最高の技術点を獲得した ProgressSoft でした。この結果、PS-ECCがバハレーンの全31の参加銀行とその214の支店に成功裏に導入されました。

セイシェル
2012 年、ProgressSoft はセイシェル共和国の全国レベルでPS-ECCの本番稼動に成功、セイシェル中央銀行と西インド諸島の115の島からなる同国の全銀行が参加しました。このシステムを成功裏に導入したのと合わせて、 このプロジェクトでは ProgressSoft の全国保管システム Prompt Archive も導入されました。

クウェート
2015 年、ProgressSoft はクウェートの全銀行にPS-ECCを導入し、旧来の手作業による小切手決済の完全停止を正式に宣言しました。クウェートの銀行は、ProgressSoft との PS-ECC の導入準備作業を9ヶ月という最短記録で完了する一方で、同国の24の銀行の524の本支店への導入作業を並行して進めていました。PS-ECCは、各銀行のバックオフィス・システム、及びクウェートの即時グロス決済システム(KASSIP)とシームレスに統合された結果、クウェートの銀行間では完全ストレート・スルーの決済プロセスが達成されました。 

  • 本支店間、銀行間、及びクロスボーダーの小切手決済サイクルに対応
  • 銀行システムとの統合
  • 金融データ・マイニングの機会
  • 先日付小切手管理
  • 安全な決済環境による詐欺削減
  • 導入以来、PS-ECCは世界最初の電子画像処理方式の小切手決済システムとして認識されています。
  • 8カ国で全国レベルの導入実績あり。
  • 世界中で450の銀行、中央銀行、及び金融機関で利用中。

製品スイート

Prompt Check
銀行向け電子画像処理方式の小切手決済システム
Prompt Clear
決済機関ユニットにおける電子小切手決済システム
Prompt RDC
遠隔地小切手電子化入金ソリューション
Prompt ATM/CDM
ATM/CDM 小切手電子化入金ソリューション
Prompt xBorder
クロスボーダー電子小切手決済システム
Prompt OnUs
行内電子小切手決済システム
Prompt Archive
電子小切手保管ソリューション

接続してみましょう

下記のフォームをご記入の上、送信してください。 ProgressSoft から、直接サポートするためにご連絡させていただきます。

(金曜日は法定休日です)

今日は何でお困りですか?

PS-ECCのパンフレットを受け取るには、以下のフォームをご記入の上、送信してください。

PS-ECC

記入し、PS-ECC ビデオを受信するために、以下のフォームを送信してください。