送金管理システム

PS-RMS

ProgressSoftの送金管理システムは、近代的なソリューションで、エンド・ツー・エンドのオーケストレーターを実行し、あらゆる送金や入金を指定された処理フローを通じて管理し、近代的な包括的送金処理エンジンとして機能します。このソリューションは、コルレス銀行または金融機関間の国境を越えた取引を含むあらゆる種類の送金を促進します。

概要

PS-RMSは、複数のサードパーティシステムと統合するためのオープンなデザインアーキテクチャとオープン・アプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)により、銀行や金融機関がブロックチェーンネットワークを介して他の参加者とシームレスに接続し、取引を開始できるようにします。

スマートペイメントルーティングを活用することで、銀行と金融機関は、費用効果が高く時間効率の良い方法を使用する、リアルタイムの資金振替の新しい時代に移行します。

PS-RMSの利点

PS-RMSは、金融機関に以下のメリットがある機能を提供します。

  • 新しい国際市場での対話と取引
  • PS-RMSはすべてのコアバンキングおよびサードパーティシステムと統合する単一のプラットフォームであるため、運用効率が向上する
  • 非常に競争力のあるコストで効率的で高度な送金サービスを顧客に提供できる
  • 顧客への迅速な送金応答を提供し、それにより顧客満足度を高める
  • カスタマイズされた送金ルーティングルールとコルレス銀行に請求するスキームを定義する

PS-RMSを選ぶ理由

ProgressSoftの送金管理システムは、以下の固有の付加価値のある機能で構成されています。

  • スマート決済ルーティング
  • コレスポンデンス・サービスレベル契約 (SLA) 管理
  • 顧客セグメント定義と管理
  • 手数料と請求管理
  • バックエンドシステムで外国為替レート管理と同期
  • マネーロンダリング防止(AML)とテロ資金対策(CTF)および認可済みリストスクリーニングステムの順守
  • 送金を開始する前に、支払い経路、手数料、FXレートなどの本格的な詳細を含むシミュレーションを転送

スマート決済ルーティング

PS-RMSは、送金の最適なルートを見つける一連の検証を適用します。これは各コレスポンデントの定義されたパラメーターとSLAに基づいています。つまり、彼らが運営している国、受け付けている通貨、組織の残高やその他の要因などです。

コレスポンデンス・サービスレベル契約 (SLA) 管理

PS-RMSは、さまざまな国にわたって、銀行および金融機関用のさまざまなコレスポンデンスを処理するよう設計されています。各コレスポンデンスは、独自の同意された労働時間、週末と休日、時間帯、平均処理時間、国の範囲、承認された通貨、含意的な料金、請求があります。

顧客セグメント

PS-RMSを使用すると、銀行および金融機関は顧客セグメントを定義し、銀行の顧客関係管理(CRM)および顧客情報ファイル(CIF)システムにリンクできます。これにより、PS-RMSはスマートペイメントルーティングプロセス中に顧客セグメントと、オファーや特別なFXレートなどのマーケティングキャンペーンを考慮できます。これは、各セグメントのルールと基準を定義する機能とは別です。

送金シミュレーター

PS-RMSは、送金を開始する前に、ユーザーに支払いパス、手数料、FXレートなどの詳細を提供するために、支払いの転送をシミュレートします。

包括的なPS-RMSプレゼンテーション

ProgressSoftは、各機関のインフラストラクチャ、エコシステム、デジタル化の目標に対する推奨アプローチを補完する包括的なプレゼンテーションを通じて、金融機関がPS-RMSをより理解できるよう支援します。

PS-RMSプレゼンテーションにご興味がありますか。business@progressoft.comまでご連絡ください。

PS-RMSでは、固定料金や変動料金などの顧客プロファイルとセグメントに従って手数料と請求額を計算しながら、特別なケースを処理できます。ソリューションへのインテリジェントな統合により、マーケティングキャンペーンやさまざまなルートで提供されるクライアント固有の料金など、暗示される特別な手数料や請求に対応できます。

PS-RMSは、FXレート管理およびバックエンドシステムとの同期機能を提供します。さらに、PS-RMSは、ネットワーク内のコレスポンデンスの見積依頼の一環として、オンラインFXレートの交渉と合意を可能にします。その結果、スマートパス計算プロセス中にリアルタイムFXレートが考慮されます。

サードパーティシステムとのオンライン統合により、PS-RMSはマネーロンダリング防止(AML)、テロ対策資金調達(CTF)、および認可リストスクリーニング規制要件に準拠しています。これらの検証はすべて、コアプロセスフローの一部として含まれており、送金トランザクションが処理される前に自動的に実行されます。

製品スイート

PS-PayHub
決済ハブ

接続してみましょう

下記のフォームをご記入の上、送信してください。 ProgressSoft から、直接サポートするためにご連絡させていただきます。

(金曜日は法定休日です)

今日は何でお困りですか?

PS-RMSのパンフレットを受け取るには、以下のフォームをご記入の上、送信してください。

PS-RMS