開発方法

開発方法

ProgressSoftは、変化に対応し、内部のアジリティを維持しながらお客様に対してハイブリッドなアプローチを行う、先進的な開発手法を活用しています。これらの手法では、ソフトウェア開発および実装のあらゆるフェーズにおいてお客様とのコミュニケーションを重視しています。これは、管理が容易でサステイナブルな決済システムを成功裏に共同開発していく上でとても重要な要素です。

スクラム

ProgressSoftの専門チームでは、スクラムのような反復的なプロジェクト管理フレームワークを取り入れたアジャイルなプロジェクト管理アプローチを採用しています。概念としてのスクラムは、反復に基づいて事前定義された目的を達成するという非常にシンプルなプロセスですが、合意した要件に基づくソリューションの開発とデリバリーを確実に行うためのプロジェクトの骨組みを固める上でも有用な手法です。

スクラムのメリット

  • 成果物の品質向上
  • プロジェクト期間を効果的に短縮
  • プロジェクト期間中に期待される機能を提供
  • クライアントのフィードバックに基づく変更対応が容易
  • 連続的なフェーズを通じて成果物を改善

エクストリームプログラミング

ProgressSoftではエクストリームプログラミング(XP)と呼ばれる、シンプルさ、フィードバック、コミュニケーションを重視するソフトウェア開発手法も取り入れています。XPは計画やコーディング、選択されたタスクについての全体ユニット試験を行うことで正しい手順や方向性が分かるという考え方に基づくもので、特有な考え方ではあるもののコストパフォーマンス面でも優れた手法です。

エクストリームプログラミングのメリット

  • ビジネス上の課題を正確かつ直接的に解決
  • 信頼の改善と誤解の減少
  • 迅速かつ効率的に結果を提供
  • 新機能の追加プロセスの加速
  • 即時的フィードバックでプロジェクトの進行を強固にサポート