電子小切手決済

ProgressSoftの電子小切手決済スイートは、紙の小切手を金融機関間でやり取りするという既存の在り方を完全に一新する世界初のソリューションです。小切手のライフサイクル全体をセキュアなデジタル環境に移行し、エンドツーエンドで効率的に処理することができます。

小切手の発行から手形交換までをカバーする高度なソリューションで運用諸経費や日々の面倒なタスク処理に時間を削減し、ビジネスの長期的な成功をサポートします。

電子小切手決済

特徴

全国的な導入が可能

PS-ECCは分散型モデル、アプリケーションサービスプロバイダーモデル、またはハイブリッドモデルで導入することができます。コストパフォーマンスや運用上のパフォーマンス、それぞれの国の決済サービスの状況に応じて、弊社よりお客様に最適なモデルをご提案します。

全国的な導入が可能
管理ツール

管理ツール

PS-ECCが提供するインテリジェントなビジネス情報を活用して、システム管理者側でスイートのパフォーマンスを効果的に調整・管理・計画することが可能となります。銀行が小切手管理にかかわる適切な戦略を決定したり、取引をモニタリングしたりする場合に非常に便利です。

詳細なレポーティング

PS-ECCには、様々なレポート生成および分析機能が搭載されています。システム管理者はこれらの機能を利用してシステムのパフォーマンスを観測・モニタリングしたり、様々な種類のレポート(アドホック、分析、統計、終業時レポートなど)を通じて、特定の問題の監査や追跡を行うこともできます。

詳細なレポーティング

その他の機能

高度なセキュリティ

PS-ECCは最新のセキュリティ標準に準拠しており、データの完全性と組織プライバシー保護を保証します。また、堅牢なユーザー認証・認可メカニズム、暗号化技術、証明書、ハッシュアルゴリズム、デジタル署名、画像セキュリティ、否認防止、監査証跡(オーディットトレイル)などの各種技術も搭載しています。

インテグレーションで付加価値を追求

PS-ECCは、銀行業務およびサードパーティのシステムをシームレスに統合し、署名確認の自動化、小切手のキャプチャ、企業からのデポジット受領など、小切手処理の総合的なプロセスと顧客体験を改善します。

安全な交換環境

PS-ECCには支払い停止指示などの複数のセキュリティメカニズムを通じて、お客様の支払いプロセスおよびビジネスの安全性を確保します。お客様が小切手を紛失した、怪しい小切手が検知されたなどの場合に、システム内でこれらのメカニズムが発動します。また、支払い停止リストと小切手を比較し、該当するデータがあった場合はその交換プロセスに関連するすべての人員に通知を行います。

革新的なスケーラビリティ

PS-ECCはスケーラビリティを考慮して実装されるため、小中規模の銀行からメガバンクまで、さまざまな規模の組織と業務量をサポートすることができます。中央銀行や手形交換所といった規制機関側で業務を管理する必要もありません。Web、コンポーネント、複数階層(n-tier)ベースのアーキテクチャにより、あらゆる環境でスムーズに動作します。

モダンなクラウドソリューション

PS-ECCはクラウドネイティブなアーキテクチャに対応する現代型のシステムです。モダンかつ横断的なスケール拡大が可能なクラウドインフラ上で展開することで、必要な時にいつでもモジュールレベルでスケーラビリティを実現できます。

メリット

ECCソリューション

Prompt Clear

ECC - 決済機関ユニット

Prompt Check

ECC - 銀行ユニット

Prompt PDC

先日付小切手管理

Prompt mRDC

モバイル電子小切手のデポジット

Prompt e-Check

モバイル電子小切手の発行

Prompt ATM/CDM

ATM/CDM小切手キャプチャ&デポジット

Prompt Archive

電子小切手のアーカイブ化