PS-WPS

賃金保護システム

ProgressSoftの賃金保護システムは、規制当局のシステムと統合された包括的なソリューションです。銀行経由の賃金支払情報を、オンライン決済チャネルから収集・保管・追跡して報告します。

本ソリューションにより、規制当局側では賃金支払プロセスを完全に監督・管理することができます。本サービスは、銀行、雇用主、厚生労働省、規制当局の間の可視化の枠組みを通じて行われ、賃金と従業員関連の支払情報を自動検証します。

PS-WPS

特徴

賃金データを簡単抽出

「PS-WPS」は、銀行が規制当局の支払経路を通じて行う賃金支払を把握することで、賃金データを抽出します。銀行と厚生労働省の間の追跡および報告のシステムを利用することで、従業員への賃金支払を把握し、雇用契約との齟齬の有無を検証します。

賃金データを簡単抽出
包括的なレポート

包括的なレポート

「PS-WPS」は、賃金取引の完了、違反および遅延を検出し、サイクルごとにクリアされなかった取引に関する情報を蓄積し、レポートを作成します。厚生労働省は、体系的かつ自動化された賃金監視プロセスを獲得することができます。

シームレスな検証

「PS-WPS」は、検証が失敗した場合、却下理由を含む技術的な検証ステータスを銀行に提出します。技術的な検証が成功した場合にのみ、銀行は給与情報ファイル (SIF) の処理を開始します。

シームレスな検証

その他の機能

信頼性の高いソース

「PS-WPS」は、企業と銀行間のSIF取引の状況、および拒否されたSIF取引の拒否理由を継続的に収集保存します。収集された賃金に関する最新情報は、規制当局に提供されます。

インテリジェントな統合

「PS-WPS」は、全国規模かつリアルタイムな統合システムにより、従業員の権利保護に必要な給与情報と取引情報を厚生労働省に提供します。

メリット

関連サービス

PS-BankPay

PS-BankPay

ProgressSoft の給与処理システム