PS-EBPP

電子請求書プレゼンテーションと決済

ProgressSoftの 「電子請求書提示決済」 は、請求書の電子発行を可能にする高度なデジタルソリューションです。請求書のタイプに応じた支払方法をリアルタイムに提供することで、請求者とエンドユーザー間の決済を自動化します。

複数の請求者から発行された請求書をまとめて電子化し、金融機関のオンラインチャネルを介して顧客に電子請求書を送付します。

PS-EBPP

特徴

サービスの一元化

「PS-EBPP」で、請求書の発行と決済のプロセスを一元化。一元化されたオンラインチャネルを使用することで、エンドユーザーは、複数の請求者からの請求書をまとめて安全に取得することができます。

サービスの一元化
タイプ別の請求書発行と支払オプション

タイプ別の請求書発行と支払オプション

「PS-EBPP」は、規制当局のシステムが行う支払請求と同様、全額払いと部分払いの双方をサポートしています。「自動決済機関(ACH)」と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」 はもちろん、その他の決済ソリューションとも複数のチャネルを通じてシームレスに接続します。

高度なポータル

これまでシステム連携を行ってこなかったお客様にも使いやすい、安全なポータルを提供します。請求書のアップロードから銀行勘定調整表のダウンロードに到るまで、一気通貫のサービスを提供します。本ポータルを活用すれば、銀行口座を持たないユーザーにも金融機関から請求書を発行したり、決済サービスを提供したりできるようになります。

高度なポータル

その他の機能

マネジメントレベルの向上

「PS-EBPP」は、統計および取引レポートの自動作成機能も備えています。規制当局に対しては、請求者および金融機関側での法規・料金設定の遵守を徹底させるための管理機能を提供します。

フレキシブルな請求書発行

「PS-EBPP」では、エンドユーザーの要望に応じて、請求書の発行タイミングを即時または保管後から選択することができます。この機能は金融機関のお客様も(間接的な請求機関に代わる形で)ご利用いただけます。

高度な請求機能

「PS-EBPP」は、1回払いと定期払いの両方をサポートしています。自動サーチにより、適切な金融機関のオンラインチャネルをリアルタイムに提案します。

オープンなAPI

「PS-EBPP」は、請求者や金融機関をはじめとするすべての関係者が自由にアプリケーション開発を行えるよう、APIを開放しています。これにより、金融機関側で請求者ごとにインターフェースを開発する必要がなくなり、複数の請求者からの請求書を画一的に処理できるようになります。

広範な連携

「PS-EBPP」は、請求書を発行する請求者、請求書情報を取得してエンドユーザーに提示する金融機関、システムの設定と定義を担当する規制当局やオペレーターなど、請求書の支払サイクルに関わるすべての関係者をつなげます。

高機能なモジュール

「PS-EBPP」は、請求者や金融機関をはじめとする関係者に、顧客プロファイル、取引回数および取引金額の制限、料金と手数料、ファイルアップロード機能、および多数のレポートとクエリを一元管理する機能を提供します。

顧客プロファイル

「PS-EBPP」により、エンドユーザーは一元化されたプラットフォーム上で、請求書の登録と管理をフレキシブルに行うことができます。これにより、エンドユーザーは、システム内で定義された請求書のフォームに、複数の金融機関からアクセスすることができます。

マルチ通貨対応

「PS-EBPP」により、請求者は金融機関を介して、複数の通貨建ての請求書を発行することができます。

メリット