ProgressSoft、「デジタル通貨推進賞」を受賞

ワシントン, Feb 25, 2022

ProgressSoftは、2022年2月25日に米国ワシントンDCで開催されたデジタル通貨諮問委員会により、「デジタル通貨の相互運用性推進賞」を授与されました。

この名誉ある賞は、ProgressSoftのブロックチェーンベースの中央銀行デジタル通貨ソリューションが、デジタル通貨分野に革新的な進化をもたらしたことを評価された結果といえます。ProgressSoftのCBDCソリューションには、中央銀行が先進的な自国貨幣を導入するのを支援するだけでなく、国境を越えた金融エコシステムの相互運用性の未来を変革する特別な機能があります。

「今回の受賞は、金融業界に世界最高水準のソリューションを提供するという当社のコミットメントの証です」と、ProgressSoftの共同創業者兼CEOであるマイケル・ワキレ(Michael Wakileh)氏は語っています。また、「世界中の中央銀行に対して第一線立ち続けていることは名誉なことであり、私たちはこの分野で卓越し続けることを約束します」とメッセージを打ち出しています。

ProgressSoftのブロックチェーンベースのCBDCは、デジタル通貨プロジェクトを始動させようとしている中央銀行から近年大きな注目を集めています。国境を越えた相互運用性、従来の貨幣とのシームレスな共存、オフライン取引の能力の必要性が強調されていますが、ProgressSoftのソリューションは、これらすべてのニーズに対応するものです。

Currency Researchの副社長であるショーン・フェラーリ(Shaun Ferrari)氏は、「初めて開催されたデジタル通貨推進賞の授与に際して、私たちはCBDCの主要な側面において先導的な役割を果たしているソリューションを探していました。ProgressSoftは、オープンAPIにより、他のCBDC、決済システム、モバイルアプリケーション、AMLソリューションとの相互運用性に秀でています。このアプローチとソリューションは、業界において重要な進歩、理想、そしてリーダーシップを発揮していると感じました。」と話しています。

ProgressSoftは、モジュール式、設定可能で安全性の高いブロックチェーンベースのCBDCを提供する世界初のベンダーの1つです。ProgressSoftは、中央銀行に自国でのCBDC導入について完全分析を提示している信頼できるコンサルタントから、CBDC導入の財務、経済、規制の範囲に関する国家レベルのアドバイザリーを受けることで、そのソリューションの確実性や有益性を担保しています。

「私たちは、CBDCの導入がその国に与える影響と、CBDCが地域社会にもたらす利益を理解しています。リアルタイム決済のプロバイダーとして、私たちは中央銀行がCBDCを導入することによって先進的な金融の形態を受け入れることを強く望みます。そして、その過程を通して包括的な手段を提供することにコミットし続けます。CBDC技術には、我々がまだ実現出来ていないことを可能にする未来が秘められているのです」と、ProgressSoftのCBDCアカウントマネージャーであるフセイン・ジャンディ(Hussein Jundi)氏は語って