Prompt Check

ECC - 銀行ユニット

ProressSoftのECC銀行ユニットはエンドツーエンドの小切手決済ソリューションです。これを利用することで、銀行は清算処理が行われる規制機関との通信ラインを介して各小切手に関連する画像やデータを送受信することができます。

本ソリューションにより、同日付の小切手決済や紙の小切手を支店レベルで減らすといった効率化が可能となるため、小切手決済サイクルのスピード化、キャッシュフローの増加、資金管理効率の改善などに役立てることができます。

Prompt Check

特徴

銀行間小切手決済

Prompt Checkは規制機関における決済システムとシームレスに統合することができます。これにより、電子決済プロセスを通じて銀行間小切手決済を実行できます。これにより小切手の紛失や遅延リスクを低減し、銀行向け小切手決済のセキュリティを高めることが可能となります。

銀行間小切手決済
国際スタンダード

国際スタンダード

Prompt Checkでは、電子小切手画像およびデータ交換についての仕様や国際標準へのコンプライアンスを徹底しています。クライアントのみならず、ATM、業者、貸し金庫、企業の支店などにおいてキャプチャされるインポートデータなどを含む複数のファイルの社内外交換をサポートしており、これを通常の外部決済サイクルに追加することもできます。

高機能のサービス

Prompt Checkにはクエリ機能が埋め込まれており、あらゆるデータストレージユニットでの手数料ベースの小切手画像の発行に加えて、キャプチャやデポジットをリモートで行うことも可能です。銀行からクライアントに対し、オンラインのポータルを通じて同様のサービスを提供することもできます。

高機能のサービス

その他の機能

先日付小切手

Prompt Checkは先日付小切手の保管も可能です。データは、これらの小切手がデータベースでスキャンされた後に保存されます。小切手の処理動向を監視する特殊なサービスを使用して合意済みの日付でデータを導入し、迅速に処理を進めます。同じプロセスで従来発生していた問題は回避するよう設計されているので安心です。

安全な環境

Prompt Checkには、支払い停止指図などセキュアな取引環境を保証するための複数のメカニズムが搭載されています。たとえば、支払い停止指図は顧客が小切手を紛失した、また小切手に不具合があったなどの場合に発動します。支払い停止指図リストに照らして小切手をチェックし、当該の決済処理におけるすべての関係者に通知します。

不正検知アシストサービス

Prompt Checkでは、Positive Payなどのような潜在的な不正検知アシストシステムを利用することができます。また、自動署名確認システムと連携させて支払い時の小切手の適格性を確認することも可能です。手動処理が不要となるため、作業時間の短縮に貢献します。

メリット

関連サービス

Prompt Clear

Prompt Clear

ECC - 決済機関ユニット

Prompt PDC

Prompt PDC

先日付小切手管理

Prompt mRDC

Prompt mRDC

モバイル電子小切手のデポジット