PS-DBP

デジタルバンキングプラットフォーム

ProgressSoftのデジタルバンキングプラットフォームは、PCやモバイルからのタッチポイントを通じて個人および企業ユーザーのインタラクションを統括するオムニチャネルプラットフォームです。お客様のデジタルオンボーディングから、フロントオフィスのバンキングサービスまで、直感的かつパーソナルな操作を実現します。

このオールインワンプラットフォームでは、すべてのファイナンシャルサービスを統合し、カスタマーデータを一元化することができます。インテリジェントオートメーションと予測分析機能も搭載しており、金融の分野を超えてお客様のビジネスを総合的にサポートします。

PS-DBP

特徴

オムニチャネルプラットフォーム

PS-DBPは、PCとモバイルからアクセス可能なオムニチャネルプラットフォームです。金融機関のお客様に向けて、優れたバンキングサービスとセントラルハブを介した複数のタッチポイントを提供します。1つのチャネルで作成したアカウントがすべてのチャネルで操作可能になるため、お客様側でアカウントを包括的に管理することができます。

オムニチャネルプラットフォーム
お客様にフォーカスした設計

お客様にフォーカスした設計

PS-DBPは、顧客の日々の行動を記録したインサイトに基づいて設計されているため、金融機関において最適化されたデジタルバンキングサービスをすぐに提供することができます。金融機関の既存のシステムやプロセスを壊すことなく、金融機関の費用と労力を削減するよう強化されたソリューションを提供してきたProgressSoftの経験と、顧客インサイトを組み合わせることで実現した、完全顧客志向のサービスです。

シームレスなインテグレーション

PS-DBPはバックエンドとサードパーティシステムをシームレスに接続し、プロセス、チャネル、ソリューションを統合します。また、エコシステムのパートナーと提携し、ロイヤルティプログラムなど金融以外のサービスを提供することも可能です。さらに、法人・個人アカウントをまとめて一元管理し、カスタマーデータを統合することもできます。

シームレスなインテグレーション

その他の機能

インテリジェントなパーソナライズドサービス

PS-DBPは、個人や法人のお客様の関心、情報や履歴に基づき、自動的に一連のバンキングサービスを提案するインテリジェントプラットフォームです。金融機関側で、お客様のセグメントや種類に基づきこれらの提案をカスタマイズすることも可能です。

マイクロサービス・アーキテクチャ

PS-DBPは、オープンなアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)を使用したマイクロサービス・アーキテクチャを実装しているため、金融機関は継続的かつシームレスに新たなバンキングサービスを導入することができます。さらに、モジュラー式のアーキテクチャにより、製品化までにスピードが求められる市場において、付加価値のあるサービスを提供することが可能となります。

カスタマーサービスのデジタル化

PS-DBPは高い安全性と安定性を誇るプラットフォームです。24時間いつでも操作可能で、お客様にいつでも最適なサービスを提供します。また、金融機関のニーズに合わせて、チャットボットやFAQ、フォーム送信などのカスタマーサービスなどもサポートしています。

安全性の高いプラットフォーム

PS-DBPは国際的なセキュリティ規格に準拠しており、お客様のアカウントや取引の安全性を確実に保証します。多要素認証、生体認証、CAPTCHA、秘密の質問やワンタイムパスワードなど、重要な操作時のセキュリティを確保する機能が多数搭載されています。

リスク計算とリスクアラート

PS-DBPは、マネーロンダリング対策とテロ資金供与対策(AML/CFT)システムを統合し、重要な業務運営に関連するリスクを検知する人工知能を搭載しています。要求に関連したデータを自動的に収集・分析し、異常を検知します。それに応じて取引を承認、拒否またはブロックし、金融機関に警告します。

メリット