システム統合

システム統合

ProgressSoftは、その技術的専門知識と広範なリソースを活用し、データ統合のサポートやプロジェクトの遅延リスクを大幅に軽減するソフトウェアインテグレーションのコンサルティングおよび導入サービスを提供しております。

ProgressSoftのエキスパートが、デザインおよび開発開始前に、データベースの同期やアプリケーションの統合など、重要な構造が適切に実装されていることを確認します。データ統合やシステム設定、管理プロセス、コンプライアンス関連の作業には独自の統合サービスエンゲージメントモデル(Integration Services Engagement Model)を採用しています。

統合サービスエンゲージメントモデル

アーキテクチャ

あらゆるデータ統合ソリューションをデザインする前に、ProgresSoftは既存のインフラを考慮し、マンパワーの必要性を最小限にして、高度なライアビリティとコストパフォーマンスを実現します。これは、インテグレーションのブループリント策定と事業場の要綱の分析を通じて行われ、インテグレーションのソリューションが組織の特定の必要性を満たします。

これに加えて、情報アクセス能力を高めると共に、シームレスな統合技術によって現在のオペレーションのフローも一本化でき、レガシーなソフトウェアを事前調査して既存のインターフェイス能力を活用します。

インテグレーション

新たなインテグレーションソリューションを組織の開発環境に導入する前に、ProgressSoftはソリューションのコンポーネントを相互運用可能ラボに取り入れ、アーキテクチャのフェーズですべての目標達成を目指します。

ProgressSoftは相互運用ラボにおけるソリューションをテストし、その後組織の既存のインフラに導入して、これを開発環境と統合します。

最適化

ProgressSoftは、新たなインテグレーションソリューションを様々なレベルで最適化し、組織により持続可能状態を維持されていることを確認します。これには、対象的な機能システムに囚われた情報を活用することによる事業パフォーマンスの改善も含まれます。

ProgressSoftは、孤立したデータサイロにおける情報の処理、翻訳、提示、交換を行うことでサイロ化を解消します。異なるデータフォーマットやサーバー、オペレーションシステム、アプリケーションソフトウェアが含まれていても問題ありません。

サポート

エンゲージメントモデルの最後に、ProgressSoftは組織のチームと協業し、全体的なドキュメンテーションや先進的なプロジェクト管理スキルによりサポートされるフルナレッジ移管を実現します。

プロジェクト完了後も、ProgressSoftはコンサルタントとしてお客様をサポートし、よくある質問に回答したり、将来的なインテグレーションアップグレードやアップデートについてのアドバイスを提供しています。

その他のプロフェッショナル・サービス:

コンサルティング・サービス

ProgressSoftは数十年の広範な体験とビジネスにおける理解を活用して、お客様にコンサルティングサービスを提供しております。

トレーニング・サービス

新たに導入されたソリューションの長期的成功の鍵となるのはナレッジであることを踏まえ、ProgressSoftは研修プログラムをご提供致します。