署名管理システム業者に問うべき9つの質問

ウェブスター等の辞典で「署名」の意味を調べてみましょう。おそらくその定義は、「ある人物の名前がその人物により手書きで書かれたもの」とあるはずです。しかしなぜ「手書き」なのでしょう?手書きの何が重要なのでしょうか?

簡単に言えば、署名は人間の生体的な固有性を定義づける最も重要な特徴の一つだと言えます。生体としての固有性は、あなたという人間が誰で、何を表しているのかを定義づける上で欠かすことのできない役割を担っています。そしてそのために、金融機関は署名を金融詐欺や犯罪に対する最も重要な防衛ラインとして扱ってきたのです。

この点を鑑みれば、金融機関が署名の内部管理方法を進化させるべく、事業ニーズに応えられるような完璧なソリューションの開発に投資するのは当然のことだと言えるでしょう。通常、こうしたソリューションはアカウントや署名者、そして署名の管理の基本をおさえていますが、ソリューションにとって最重要と言える部分としては以下のような機能が挙げられます。一つは、例えば特定の署名者が特定の取引を完了する権限があるかどうかを判断するためのアカウントの委任状やルールを検証するといった諸々のプロセスを自動化する機能。そしてもう一つが、取引日に応じて特定のアカウントのバージョンを引き上げる機能です。しかし、署名管理ソリューションを真に完成形とするのに必要なもの、それは人の心理を再現する形で、あるいは正確性という点ではそれを超越する形で署名の認証プロセスを自動化する機能です。

人の手による認証の欠点

検査のエキスパートにとっては、目視での検査は正攻法であるようにも思えます。しかし、同じ検査官が数千枚に及ぶ金融文書に短時間で目を通さねばならないとしたらどうでしょうか。手形を例に考えてみると、数万から数十万の手形を短時間で決済するには大勢の熟練検査官を必要とするでしょう。仮にそれが可能だったとしても、知識レベルの差や集中力といった理由による人為的ミスが高い確率で発生するのを免れません。さらに重要なのが、署名者の認証済み署名の筆跡について、熟練検査官の記憶に頼ることに大きなリスクが伴うことです。なぜなら、人の筆跡は時間の経過と共に変わるからです。

署名認証の未来

第4次産業革命を迎えている現在、署名管理ソリューションの機能は機械学習アルゴリズムを使用して高度化し、物理的側面および行動的側面の両面において、生体認証にさらなる力と柔軟性を与えるとともに、急速に成長する決済チャネルへのサポートを強化することができるようになります。こうした機能強化により、署名認証ソリューションには重要な生体特徴、例えば生体署名、指紋、虹彩、顔、声紋等を登録し、認証する機能も備わるようになるはずです。しかし、あなたが身を置く金融機関が署名管理の自動化に乗り出す前に、システム開発業者に確認すべき9つの重要な質問がありますので、以下でご紹介しましょう。

システム開発業者に確認すべき9つの重要な質問

あなたが自らの所属する金融機関にとって間違いなく最適な署名認証ソリューションを選択できるよう、システム開発業者と時間をとって以下の質問に答えることをお勧めします。ソリューションが金融機関の手順や方針、そしてリスク対策計画に沿ったものであるのかを判断するのに大いに役立つでしょう。

  • ソリューションが金融文書から最もきれいな形で署名をキャプチャーしていることをどのように確認できるか。(例:事前印刷された文書、印鑑、ライン等)
  • 個人の習慣によって署名の位置が変わるという前提で、どのように署名全体をキャプチャーするのか。
  • 文書によって署名の指定される位置が様々異なる点についてどのように対応するのか。
  • 一枚の文書中に複数の署名がある場合にはどのように対応するのか。
  • 時間の経過と共に署名が変化することに対してどのように対応するのか。(統計学的には、手書きの署名は5年以内に変化すると言われている)
  • 署名認証ソリューションはどのような機能の統合を提供できるか。
  • ソリューションのエンジンにはどのような種類の技術を採用しているか。
  • ソリューションのエンジンの精度はどの程度か。
  • システムは数千件のトランザクションの認証を短時間でこなすことができるか。

関連サービス

長編インタビュー: 送金管理

長編インタビュー: 送金管理

ProgressSoftのクウェート法人担当マネージャーが赤裸々に思いを語る、人気のインタビューシリーズ。国際送金に革命を起こすソリューション、その仕組み、また広範な業界への影響を紐解きます。

「目的意識に火をつける」こと

「目的意識に火をつける」こと

ProgressSoftで働くメンバー間では、「コミュニティにお返しをすること」について振り返る機会を設けています。そこで出たアイデアや振り返りをもとに、自分自身の目的意識を再認識してもらうための取り組みです。